大和魂を持った日本の侍弁護士が借金を切る!

サムライ弁護士が借金返済と債務整理についてご紹介します。

破産以外の借金解決方法があった!

皆さん、借金を返せなくなったら「自己破産」するしかないとお思いでしょうか?
借金問題をいくつも解決してきた債務整理弁護士として、別の解決方法をご紹介したいと思います。
それが「債務整理」です。

「債務整理」にはいくつもの段階、種類がある

「債務整理」とは、債務=借金のことであり、つまり借金を整理する方法の総称のことです。その方法には、自己破産・個人再生・任意整理・特定調停など、いくつかの方法が存在しています。現在定職に就いていて、安定した収入がある人であれば、破産することなく借金や返済総額を減らすことができます。それが「債務整理」という方法なのです。個々の借金のケースごとに、最適な方法は異なるのですが、整理することによって、返済に追われる日々から抜け出すことが可能となります。
 以下では、この債務整理の方法について、ご紹介します。

「自己破産」とは?

 まず、「自己破産」については、詳細は知らなくても、この自己破産という言葉は、耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。自己破産は、現在ある借金をすべて処分します。返済できないことを裁判所で認められれば「免責」となり、借金を返す必要がなくなるのですが、資産がある場合は没収されます。

「個人再生」とは?

 次に、「個人再生」については、まず借金を減額してから、その借金を3年で返済する方法です。住宅などの資産を残したまま整理することができる方法となります。次に、「任意整理」については、借金の減額・分割などでの支払いを要求する方法であり、最近では、過払い金請求を併せて行う場合が多い方法となります。借金の総額が減るので、月々の支払額も減り、借金完済を目指す方法です。長い間返済を続けていた人の場合には、過払い金請求で借金がなくなる場合もあり、1番メリットの多い債務整理の方法となります。

「特定調停」とは?

 最後に、「特定調停」については、裁判所で調停委員を間に置き、債権者と交渉する方法です。弁護士や司法書士に依頼する任意整理とは違い、本人によって行えますが、十分な知識や準備が必要な方法となります。
私たちは御相談いただいてから、最善の策を取りたいと考えております。まずはお気軽にご連絡下さい。

サムライ弁護士の新しいエピソード