リボ払いやキャッシングでは知らないうちに借金が膨らみます。

クレジットカードで悪名高いリボルビング払い

日本の二条城
毎月の支払がほぼ一定に抑えられるリボ払いは、とても便利なサービスですが、使うときには十分注意が必要です。
たとえば、購入代金が20万円の物品を、実質年率15パーセント、毎月1万円に手数料が元金定額方式のリボ払いで支払うと、金利負担が約2万5千円以上かかります。つまり手数料分だけ一括払いの場合よりも多く支払うことになります。
この例ですと、払えない金額でもないと感じると思います。しかし、支払期間が2年近くに渡ることを考えると、その間に別の買い物をする可能性が高くなります。

返済の負担が少ないために借金しやすくなってしまう

毎月元金が決まった金額ずつ減っていく元金定額方式に比べて、毎月決まった金額ずつを返済する元利定額方式のリボ払いですと、さらに手数料の負担が大きくなります。
元利定額方式では、毎月1万円なら1万円ずつ返済をしていきます。元金と手数料を合わせて1万円ですので、返済期間が延びていきます。
またリボ払いはショッピングだけで利用できるわけではないのです。消費差金融のキャッシングに関しても、たいていリボ払いで返済していくようになっています。

リボルビング払いは消費者金融の返済も同じ

消費者金融のキャッシングの場合は、リボ払いの実質年率は18パーセント程度と割高なので、注意が必要です。またクレジットカードのキャッシングの利用枠は数十万円ですが、消費者金融の場合は、条件次第で数百万円まで借りられるため、知らず知らずのうちに借金が膨らんでしまう可能性があるので要注意です。
また、リボ払いの支払い方法は、元金定額方式と元利定額方式の定額方式だけではないのです。毎月の利用残高に対して一定の割合で返済することができる定率方式や、毎月の残高に応じて段階的に返済金額を変更することができる残高スライド方式を採用している会社もあります。

リボ払いを続けるよりも早期返済を心がけましょう

特に定率方式の場合は、理論上はいつまでも借金を完済できないことになうので、ある段階まで来たら、強制的に残高をゼロにする必要があります。
カード会社や消費者金融のサイトにいくと、たいていは返済シュミレーションができるようにいますので、よく検討しておいた方が良いです。
ただし、キャッシングは必要なときにだけ利用して、普段はできるだけ借金しないようにするのが最良の手段だと思います。 web services facebook down .