取引履歴の長い人は任意整理で債務整理を選択しましょう

本当に困っていたら法律事務所に相談しましょう

カードローンを利用ている期間が長い、長期間取引している人に向いている債務整理は、任意整理で手続きする方法です。
もし、借金の返済で悩んでいて毎日のように督促の電話が鳴っていて精神的にも金銭的にも苦しい状態でしたら法律事務所に債務整理の相談をします。

弁護士が債務者の代理人になってくれます

法律事務所に相談すると、相談者本人の代理人となります。
そのことをまず債権者である金融機関に通知します。
その通知する文書を受任通知といいます。
つまり、債務者本人の代理人となったので、今後督促をする場合は直接債務者本人である代理人である弁護士を通してくださいといった通知となります。
このことで、金融機関からの督促をストップさせることができます。

過払い金の返還請求も可能になるかも知れません

方針を任意整理にするとなぜ取引期間の長い人に有利なのかというと、利息制限法以上の金利で契約をしていた時期があれば、払いすぎていた利息分が発生している可能性が高いのです。
その払いすぎていた利息分が借金を減額させることに充てることができるのです。
これが、法律が改正された2010年以降の契約された方となると、もともと法定金利以下の金利での契約となっていますので減額ができるものがないのです。
そのため取引期間が長い人ほど任意整理は有利な手続きになるのです。
もし、払いすぎていた利息を計算してみたところすでに借金の返済が完了していたとなると、借金がゼロになるだけでなく払いすぎた利息が現金として自分の手元に戻ってくることもあるのです。
通常任意整理をすると信用情報機関にその事実が登録されてしまいますが、任意整理をしたところ過払い金で借金が返済できたとなると信用情報機関には事故情報として登録されることがないので、今後ローンを組むこともできます。 public domain