債務整理4種類のメリットとデメリットを比較!

債務整理はさまざまな方法があります。

債務整理とひとくちにいってもさまざまな方法があります。
任意整理、民事再生、自己破産、特定調停、過払い金請求などです。

任意整理のメリットとデメリット

任意整理ですが、これは債権者から取引履歴を取り寄せ、利息制限法以下の金利に引き直して、払いすぎた利息を求めます。
その払いすぎた利息を借金の減額に充てる手続きになります。
この手続きをすると、減額ができるだけでなく任意整理中は金利が一切かからないので、確定された借金額を分割して返済をしていくだけになります。
ただし、2010年以降に新規契約された方だと減額できる分がないですが、金利はかからず債務整理することができます。

民事再生のメリットとデメリット

民事再生ですが、基本的な手続きは任意整理と同じです。
しかし、減額される割合が民事再生のほうが多いのです。
自己保有の財産を一部処分してそれを借金の減額にあてるからです。
ただし、生活に必要な財産つまり住宅などは処分せずにすみます。

自己破産のメリットとデメリット

自己破産とは、借金の返済が法的に一切免除になる手続きです。
これをするには裁判所に支払い不能と認可を受けることで、免責されることになります。
ただし、一定の職業に就けなくなったり官報という政府の広報誌に掲載されることになります。

特定調停のメリットとデメリット

特定調停ですが、個人で裁判所に申し立ててて債務整理をする手続きになります。
任意整理とまったく同じで法律事務所が加入するかしないかの違いになります。
個人で行うので、法律事務所に依頼するよりも安価な費用で手続きをすることができます。
過払い金請求ですが、すでに完済をしていて払いすぎた利息を取り戻す手続きになります。
利息制限法以上の金利で5年以上取引していた方には過払い金が発生している確率が高くなります。
払いすぎた利息は取り戻すことができます。 domain name information how to backup iphone to icloud